スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超ミネラル活用法 #15

食に関する「超ミネラル水」活用法を試しています。

納豆に超ミネラル水「島西神水」を3滴加えて食べます。

高タンパク、低カロリー、健康に欠かすことのできない食品が納豆です。安価で調理の手間も掛からず誰でもが手軽に食べることが出来ます。
しかし、あのネバネバやにおいが、どうしても苦手という人も多いようです。

あの独特のにおいは、大豆のタンパク質が納豆菌によってアンモニアに変化したものだそうです。超ミネラル水「島西神水」を加えることにより、あのにおいを中和してくれ、豆もふっくらとして、とても美味しくなるそうです。
一方、あのネバネバは発行食品である納豆の命です。納豆のタンパク質の中のグルタミン酸と糖が結びついたもので、旨味もあってミネラルと結びつくことで、さらにネバネバが強力になるそうです。

早速、納豆・・・私は大粒が好きです・・・に調味料と一緒に超ミネラル水「島西神水」を3滴ほど加えてかき混ぜてみました。(同時に超ミネラル水「島西神水」を加えないものも用意してみました。)

超ミネラル水「島西神水」を加えたものの方がツヤガあるように思えました。実際に食べてみると滑らかな感じがします。豆もふっくらとしてやわらかい感じで美味しくいただけました。

あのにおいは、残念ながらあまり変わらないような気がしました。私は、あのにおいをあまりいやだと感じない(むしろ納豆はあのにおいが良いと思っている)からでしょうか?また、私の嗅覚があまり敏感でないせいでしょうか?残念ながら、私にはあまり差が感じられませんでした。

嗅覚の鋭い方、納豆のあのにおいが苦手な方、是非試してみて、結果をお知らせください。

超ミネラル活用法 #14

食に関する「超ミネラル水」活用法を試しています。

浄水を沸かしたゆで湯3ℓに超ミネラル水「島西神水」を3cc加えて麺をゆでます。

そば打ち、うどん打ちの職人さんが水にこだわるように、水は重要です。そこで、そばやうどんを打つ時に超ミネラル水を加えて打つと、粉の保湿力が高まり、コシのある美味しいそば、うどんができるそうです。(水の変わりに、1ℓの浄水に超ミネラル水「島西神水」を2cc加えてつくったミネラル水を使用します。)

しかし、そば打ち、うどん打ちは準備が大変なので、ここでの実験は見送り、麺をゆでる場合の実験をしてみました。

麺をゆでるときに、浄水を沸かしたゆで湯3ℓに超ミネラル水「島西神水」を3cc加えてゆでると、ゆで時間が短縮でき、のびない、コシが強くなるなど、ゆで上がりに差が出るそうです。

うどんで試してみると、・・・・・ん~ン よく分かりません。普段からうどんなどゆでたことがありませんので、ゆで時間の差は分かりません。また、普通に水道水でゆでたものと比較しなかったので、のびにくいのか、コシが強いのかよく分かりませんでした。

でも、あまりやったことの無い私がゆでたにも係らず美味しいうどんが出来ました。・・・うどん自体が良いものだったのかも(お土産にもらった稲庭うどん・・・大好物です!)

今回の実験は、なんだかよく分からず結果もいまひとつでしたが、好物の稲庭うどんが美味しく食べられて大満足でした。・・・すみません。

超ミネラル活用法 #13

食に関する「超ミネラル水」活用法を試しています。

1ℓの浄水にに超ミネラル水「島西神水」を2cc加えてたミネラル水をスプレーしてパンをトーストします。

残ってしまい、硬くなってしまったパンを再生します。

今回は食パンで試しますが、バターロールやマフィンなどどんなパンでもOKだそうです。

これは本には載っていませんでしたが、今回は冷凍、冷蔵したパンでも試してみました。
食パンを6枚用意して、2枚をビニール袋に入れて冷凍庫に、次の2枚をビニール袋に入れて冷蔵庫に、最後の2枚をビニール袋に入れて戸棚に、4日後にそれぞれの1枚にミネラル水をスプレーして、そのままのものと同時にトーストしてみました。

1.冷凍庫に入れたもの
ミネラル水をスプレーしたものはチョット水っぽくなってしまいました。カリッと感がなくなりました。冷凍庫の場合、水分も一緒に冷凍されているので、そのままトーストの方がカリッと感があり良いように思いました。

2.冷蔵庫に入れたもの
ミネラル水をスプレーしたものもそうでないものも、同様な感じでカリッと感もそこそこあるし美味しくいただけます。どちらかというとスプレーした方が良く感じました。

3.戸棚に入れたもの
ミネラル水をスプレーしたものもそうでないものも、表面はカリッとしています。しかし内部はというと、スプレーしていないものは、中間でカリカリ・・・いやパサパサであまり美味しくありませんでした。
スプレーしたものの中は、しっとりふわっとしていました。新しいものと同じとはいえませんが、そんなに変わらないような気がしました。

と、いうことで・・・パンは常温で、固くなってしまったものはミネラル水をスプレーしてトーストすると蘇る!感じです。

わざわざ、パンを硬くしてミネラル水をスプレーする必要はりませんが、うっかりそうなってしまった場合にはいいかも知れません!

超ミネラル活用法 #12

食に関する「超ミネラル水」活用法を試しています。

超ミネラル水「島西神水」を加えてパンを焼きます。

最近は米粉で作るゴパンが流行っているようですが、今回は小麦粉で普通のパンを焼きます。
本当は、粉をこね、オーブンで焼くのでしょうが・・・私にはチョット無理そうです。たまたま我が家には、自動パン焼器がありますのでこれで試してみます。・・・自動と言っても、材料の分量や入れ方で失敗することも多いようです。女房も最近は美味しい普通のパンが焼けるようになりましたが、初めのうちは、蒸しパンのようなものが出来たり、ミミが異様に硬いものが出来たり・・・あまり書くとしかられそうなのでこの辺にしておきます。・・・しかし、コツを覚えると簡単?のようで最近は普通の美味しいパンです。

そこで、今回は女房にお願いして、超ミネラル水「島西神水」を加えてパンを焼いてもらうことにしました。

活用辞典では、小麦粉1Kg+浄水400~500mlに対して超ミネラル水2.5mlと分量が書いてありましたが、今回は、女房が普通にパン1斤を焼く分量と手順に、水量を少しだけ多めにし、超ミネラル水「島西神水」2mlを加えて焼いてもらいました。

焼き上がり試食してみると、柔らか、ふわふわで美味しい!成功です。・・・隣では、私の腕よ!見たいにドヤ顔している人が一人いましたが・・・。

水量には気を使いました。炊飯の時には1度失敗していますから、本では5~10%増しと書いてありましたが、今回は気持ち多いくらいにしておきました。
でも、水加減によってもっとふわふわになるのかも知れません。水加減に関しては色々試してみてください。

原理は、イオン化ミネラルにより保水力をアップし、デンプンの粒子を膨らませ美味しいパンを作るということですから!

超ミネラル水活用法 #11

食に関する「超ミネラル水」活用法を試しています。

1ℓの浄水にに超ミネラル水「島西神水」を2cc加えてたミネラル水をスプレーして餅を焼きます。

年が開け1ヶ月が経ちました。残ったお餅などありますか?

お餅にミネラル水をスプレーして焼くと・・・つきたてのお餅によみがえるそうです。

これも簡単です。何時も活躍している100円ショップのスプレー瓶があればOK!
冷蔵庫に保存していたお餅、つきたてまでとはいきませんが、美味しく食べられました。

でも・・・スプレーしない場合とあまり差が分かりません。私は餅好きなので、両方とも美味しく感じてしまいます。正直効果がよく分かりませんでした。・・・やり方が悪いのかな?

本当は、餅を作るところから超ミネラル水を使うと美味しいお餅ができるそうです。(環境的に無理なのでこの実験はパスします。)

ちなみに、その方法は、もち米を水に浸す時、水に超ミネラル水を入れる。蒸す時にも蒸し水に超ミネラル水を入れるのだそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。