スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医介連携のためのシステムとして、具体的にはどのような仕組みが求められているか

看護師やケアマネージャーは、現場で非常にこまめに患者の記録を取っている。「今朝、元気にお話をされました」といった内容です。言ってしまえば「絵日記」みたいなものなのですが、その情報量は膨大ですし、患者の生活の記録としてはとても重要です。しかも、こうした記録の中には医療の側、すなわち医師にとっても重要な情報が多々含まれている。
ところが、そうした記録を医師が逐一見ている時間はないことが問題。従って、介護記録から医師にとって重要な情報をマイニングするような仕組みがあればよいと言える。
今、介護の現場でも「電子化」ということが盛んに言われている。医療現場以上に、業務を効率化する必要性が高いからです。介護現場ではそれこそ「30分刻み」の業務マネジメントが必要ですから、システムを導入しないと、効率的に運用するのはとてもムリ。ところが、電子化は進みつつあっても、「いかに医療へつないでいくか」という視点が欠けている。介護カルテのシステムをどう計画的に使うか、どう医療につなげていくのかという視点をもっと詰めていかないと、実際に使えるシステムにはならない。
介護の分野では中小規模の事業者が多い。例えばシステム構築に300万円といった費用が必要だと、彼らにとってはかなりの出費となる。これが業務の効率的な運用につながらなければ、導入する意味はない。
ただ電子化すればいいというものではない、という事情は介護に限らない。電子カルテを使う医療機関は増えていますが、電子化のメリットを本当に活用できているところはまだ少ない。
医介連携に向けて、クリニックはどのような役割を果たそうとしているかについては、この先、「クリニックと訪問看護の連携」が重要性を増してくると考えられる。ケアマネージャーと連携しながら、クリニックの医師が患者のトータルマネジメントを主体的に担っていく。もちろん、患者がクリニックとは別に病院にも通っているケースはあるので、クリニックから病院の情報にアクセスできる環境も必要。
今後、医師とケアマネージャーの関係をどう作っていくか、それを支えるシステムをどのように構築するか、というのが大きなテーマになる。医師からの指示で行われる行為は「医療」に当たるので、患者の日常生活そのものをどう支えていくかについてはケアマネージャーのプランや指示によるところが大きい。医師とケアマネージャー、そしてケアマネージャーを支える看護師の連携が欠かせない。

全国医療介護連携ネットワーク研究会

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://themarox.blog119.fc2.com/tb.php/632-59170e68

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。