スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症ならではのケアの難しさ

医介連携によるケアの対象として、認知症はかなりハードルが高い。身体的な機能が弱っている高齢者はすぐさま介護サービスの対象になりますが、「身体は元気だけど認知機能だけに問題がある」という患者も少なくない。そうした患者は、現行の介護サービスでは十分に対応しきれない。認知症はその症状が重いほど、本人にその認識が薄いという難しさもある。
そして認知症患者を対象とする場合、“心の看護”が非常に大きなウェイトを占める。患者の精神をどのように安定に保っていくか、という視点が欠かせない。
本人の介護だけでなく、家族関係や生活環境の調整が必要なことも認知症のケアの難しさがある。認知症に対して、社会的な理解が十分に得られていないという側面も大きい。環境的、社会的な側面を含めてサポートしていかなければならない。
そうした認知症患者のケアに、電子技術や通信技術が入り込む余地はある。
そもそも介護という分野は、医療と違って既得権が少ない。自由度の大きい分野であり、その分、技術革新の余地も大きい。システムをゼロから組もうと思ったときに、最新のテクノロジーを導入しやすいという側面がある。新興国では、有線の電話網ではなくて、いきなりケータイが普及しました。その事例と同じことが起こる可能性がある。
例えば、離床センサーは、徘徊防止用センサーとして有効に使えると思う。都会では防犯カメラが発達していて、顔認識機能も実装できます。これも徘徊防止などに使える。
どういうシステムが認知症のケアに本当に有効であるかは、これからの検討課題。遠隔医療に使われるテレビ会議システムはシステムを使いこなすのが結構大変だがケータイで話す方が早い。今はスマートフォンがあるので、これをシステムのプラットフォームとしてどう使うかは応用性が広い。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://themarox.blog119.fc2.com/tb.php/633-8a682f73

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。