スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脂っこい食事でも太らないかもしれない研究成果

脂肪分の多い食事を続けても、体内にある特定のたんぱく質をなくすと太らないことを、京都大などのグループがマウスを使った実験で確かめた。人間に応用できれば、肥満対策につながる可能性がある。
京都大学ほかの研究グループは、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに研究結果を発表した。このたんぱく質は「ニューデシン」と呼ばれ、脂肪組織などから分泌される。研究グループが存在を10年前に確認していたが、体内での働きは不明だった。人間でもこのたんぱく質が作られているとみられる。
遺伝子を壊して、ニューデシンを作れなくしたマウスを観察すると、普通のえさではやせてしまうことを発見。高脂肪のえさを16週間与えると、正常なマウスの体重は平均で約41グラムになったが、このマウスは平均約32グラムにとどまった。
詳しく調べた結果、脂肪組織で脂肪の分解と燃焼が明らかに多く、体温が0・5度前後高かった。運動量や食べる量は正常なマウスと変わらず、やせること以外で目立った変化はなかったという。
研究グループの木村郁夫・東京農工大特任准教授は「ニューデシンが働く仕組みが解明できれば、肥満を抑える薬の開発につながる可能性がある」としている。
脂っこい食事をとり続ければ太るというのは、大多数の人が知る常識であった。
とはいえ、「痩せの大食い」という言葉があるように、食べている量がすごいのに太りにくい人がいるのは事実です。
そんなうらやましい体質の秘密が、わかるかも知れない研究結果だ。
ニューデシンというたんぱく質が、マウスの脂肪組織から分泌されていることは、10年前に同研究グループが発表している。しかし、マウスの体内でどのような働きをするのかは分かっていなかった。
同研究グループは、遺伝子を壊して、ニューデシンを作れなくしたマウスを観察すると、普通のえさでは痩せてしまうことに注目。脂肪をたくさん含んだ餌を与えると、ふつうのマウスは平均で41グラムになったものの、ニューデシンが分泌されないように遺伝子を壊したマウスは平均32グラムにとどまることが確認された。
ニューデシンは、マウスだけでなく、人間の体内でも分泌されていると考えられている。ただし、人間の体内では、どのような働きをしているかは現時点では不明。
とはいえ、ニューデシンの分泌を抑えることで肥満を予防できるとしたら、多少脂濃いものを食べ過ぎてもスリムな体型を維持できて、生活習慣病まで予防できる方法が見つかるかもしれない。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://themarox.blog119.fc2.com/tb.php/634-fcc30e2a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。