スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳内酵素が食欲を低減

現代社会では、過食・運動不足・ストレスなどが原因となり糖尿病や肥満の患者数は増加し続け、大きな問題となっている。
自治医科大学の矢田俊彦教授と国際医療福祉大学の栗田英治准教授らは、食欲を調節する酵素の働きをラットを使った実験で突きとめた。食欲を抑える新しいタイプの肥満治療薬の開発につながるという。
脳の弓状核という部分の神経細胞にある酵素「ナトリウム―カリウムポンプ」が食欲を調整することはわかっていたが、詳しい仕組みはわかっていなかった。ラットに丸1日えさを与えないと、この酵素の働きが落ちた。この酵素の働きを薬剤で高めると、空腹状態ラットでも食べる量が減った。
摂食の統合中枢として知られる視床下部室傍核に GLP-1 受容体拮抗薬を投与し、内因性 GLP-1 の作用を阻害したところ、ラットの摂食量が増加した。これは、脳内の GLP-1 が室傍核に作用して食欲を抑制していることを示唆している。
GLP-1 は延髄孤束核の神経細胞で産生されることが知られている。室傍核で作用する GLP-1 が孤束核神経細胞で産生されているかを調べるため、GLP-1 産生細胞のマーカーを用いた免疫染色を行い、神経細胞の終末から細胞体に移動する逆行性色素を室傍核に注入し、孤束核での GLP-1 産生細胞との重なりを調べたところ、室傍核に注入した色素と GLP-1 産生細胞は高頻度に重なっていた。この結果、孤束核の GLP-1 産生細胞が室傍核に投射していることが明らかになった。
肥満治療に使う薬は神経伝達物質に働きかけるタイプが多く、うつ病などの副作用が出る心配があった。今回の酵素は食欲だけを狙ったもので、副作用の少ない薬の開発につながるという。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://themarox.blog119.fc2.com/tb.php/636-0733aea7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。