スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンゴ病

りんご病とは主に「幼児・児童」に見られる「赤いほっぺ」と呼ばれる独特の症状を発症するウイルス感染症の一種です。
りんご病という名前は、頬が赤みを帯びる症状をもつことからつけられた名前で医学的な病名ではない。
医学的な正式名称では伝染性紅班(でんせんせいこうはん)と呼ぶ。
ほっぺたが赤く染まる症状を特徴とする疾患でもあり、赤いりんごのように見えるイメージからもその方がわかりやすい。
りんご病は、感染症の中では比較的感染力の弱いウイルス感染症。
その為、短期間で急激に大流行するようなことはほとんどない。
稀に保育園や幼稚園などで集団感染が見られることもある。
しかし、これは乳幼児や園児はまだ免疫をもっていない事が原因。
りんご病は潜伏期間中にウイルスを飛沫感染によって拡散してしまうウイルス感染症。
その為、幼稚園や保育園側が感染を完全に食い止めることはまずできない。これは小学校でも同様です。
尚、りんご病のウイルスである「ヒトパルボウイルスB19型」は成人になると50%以上の人が免疫を獲得すると言われている。
乳幼児や子供に多く発症するりんご病ですが、大人になるまでに飛沫感染などによって感染し免疫を獲得する人が大半。
また、りんご病のウイルスが原因で大きな重病に至るケースはほとんどない。
発熱などの症状は発症しますが、感染していた事に気づかずに免疫を既に獲得しているケースもある。
しかし、りんご病は飛沫感染だけでなく、母子感染を伴うウイルス感染症でもある。
妊娠中の妊婦が免疫を獲得していても、お腹の中の胎児に感染する可能性がある。
胎児はもちろん免疫をまだ獲得していない為、母子感染によって大きな影響をもたらす可能性のある疾患でもあり軽視できない感染症でもある。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://themarox.blog119.fc2.com/tb.php/641-463d8669

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。