スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の「健康寿命」が男性71.1歳、女性75.5歳で世界の男女1位

世界の「健康寿命」で日本が男性71.1歳、女性75.5歳でトップになった。
健康寿命は、WHO(世界保健機関)により「病気などで日常生活が制限されることなく、自立的に生活できる年齢」と定義されており、健康の指標とされている。
世界188カ国の2013年の「健康寿命」を調べたところ、日本が1位だったとする調査結果を米ワシントン大(西部ワシントン州)などの研究チームが英医学誌ランセットで発表した。健康寿命は介護が必要だったり、日常生活に支障が出る病気にかかったりする期間を除き、自立して過ごせる期間を示す。
同チームによると、日本の健康寿命は男性が71.11歳、女性が75.56歳で、男女とも健康寿命は1位だった。この年の日本人の平均寿命は男性が初めて80歳を超え、女性は86歳台だった。
健康寿命の男女平均で2位は72.1歳のシンガポール。アンドラ、アイスランド、キプロスが続いた。
同チームは1990年のデータも算出。世界では90年~2013年に、平均寿命が65歳台から71歳半ばまで延び、健康寿命も57歳から62歳台に延びた。背景としてエイズウイルス(HIV)やマラリアなどの感染症対策が進んだことなどを挙げた。
健康寿命は、単に寿命を延ばすのではなく、健康に長生きすることを重視する考え方に基づき、世界保健機関(WHO)が00年に提唱した。
同チームが調査対象の世界188か国のデータを分析した結果、健康寿命のランキングは以下の通り。
■男性
1位 日本
2位 シンガポール
3位 アンドラ
4位 アイスランド
5位 イスラエル
■女性
1位 日本
2位 アンドラ
3位 シンガポール
4位 フランス
5位 キプロス
福祉が発達していると言われる北欧よりも日本の方が、健康寿命が長い。
健康寿命と平均寿命の差はどのくらいかと言うと日本男性の場合、平均寿命80.21歳に対して健康寿命は71.11歳で、差は9.1年、日本女性の場合、平均寿命86.61歳に対して健康寿命は75.56歳で、差は11.05年。
この年数は、7年程度である多くの先進国に比べて、長い。
健康寿命が長い人と短い人の差は、引退後の日常生活ではなく、過去の生活習慣の差、すなわち働き盛りの時代の過ごし方、食生活の差、だと言える。国でも、平均寿命より、この健康寿命を延ばすことを課題にあげており、若年層の野菜摂取や禁煙などを推奨している。
よくある悪習慣は次の6つです。
・野菜・果物をほとんど食べない
・食塩量が多い(朝昼晩外食の方は特にご注意ください)
・スイーツを食べる回数が多い
・飲む機会が多い
・ヘビースモーカー
・歩くのが面倒で、タクシー利用が多い

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://themarox.blog119.fc2.com/tb.php/646-54eda4f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。