スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脂質燃やす細胞で活発化の新経路を発見

広島大大学院の浅田梨絵研究員(生化学)と今泉和則教授らのチームが研究成果として、エネルギー代謝を司る褐色脂肪細胞の働きを
調節する新規経路の発見を発表した。 肥満治療へ新しい可能性が期待することができる。
脂質燃やす細胞活発化の新経路を広島大の研究チームが発見したことで肥満治療に期待が持てる。
主な研究成果のポイントは下記である。
1. 褐色脂肪細胞の働きを活発にする細胞内の新しい独立した情報伝達経路を発見。
2. エネルギー代謝を調節する新規肥満治療法開発に繋がることが期待される。
脂質を燃やす「褐色脂肪細胞」の働きを活発にする細胞内の新たな経路をマウスの細胞を使って見つけたと、広島大大学院の浅田梨絵
研究員(生化学)と今泉和則教授らのチームが発表した。
人の褐色脂肪細胞は首や肩の辺りにあり、脂質や糖質を燃やして熱を生む。チームは褐色脂肪細胞の詳しい仕組みが分かれば、新薬開発
など肥満治療に役立つ可能性があると説明している。
チームによると、褐色脂肪細胞では「UCP1」というタンパク質が脂質などの燃焼を担う。脳は寒さを認識すると、褐色脂肪細胞に
熱を出すように指示。褐色脂肪細胞内では複数のタンパク質を介して指令が伝わり、UCP1が作られる。
これまで「ATF2」「PGC1α」といったタンパク質が介在する経路は知られていたが、チームは「IRE1α」というタンパク質
が別のタンパク質「sXBP1」に働き掛け、UCP1ができる別の経路を、マウスの細胞を使った実験で突き止めた。
褐色脂肪細胞の働きが鈍いと、余分な栄養が皮下や内臓の周りにある白色脂肪細胞に蓄えられやすくなり、肥満の原因になるといわれて
いる。
広島大学大学院医歯薬学総合研究科博士課程を平成26年9月に修了した浅田梨絵氏(現 日本学術振興会特別研究員PD)、広島大学医歯薬
保健学研究院今泉和則教授らの研究グループは、褐色脂肪細胞の働きを活発にする細胞内の新しい情報伝達経路を発見したことで、新規
に肥満治療法開発が進む。
褐色脂肪細胞は体内のエネルギー代謝に重要な働きがあることから、この発見はエネルギー代謝を調節する新薬の標的を提供するもので
あり、新しい肥満治療法開発に繋がることが期待される。
脂質を燃やす「褐色脂肪細胞」の働きを活発にする細胞内の新たな経路をマウスの細胞を使って見つけたことで、広島大大学院の浅田
梨絵研究員(生化学)らのチームがその成果を英科学誌電子版に掲載した。
人の褐色脂肪細胞は首や肩の辺りにあり、脂質や糖質を燃やして熱を生む。チームは、褐色脂肪細胞の詳しい仕組みが分かれば、新薬開
発など肥満治療に役立つ可能性があると説明した。
チームによると、褐色脂肪細胞では「UCP1」というタンパク質が脂質などの燃焼を担う。脳は寒さを認識すると、褐色脂肪細胞に
熱を出すように指示する。
脂肪を燃やす「褐色脂肪細胞」の働きを活発にする細胞内の新しい情報伝達経路を見つけたことで、脂肪を燃焼する仕組みを調べた。
広島大大学院の浅田梨絵研究員と今泉和則教授らのチームが英科学誌「サイエンティフィック・リポート」発表した。
褐色脂肪細胞は、人間では肩甲骨の間や脇、首や心臓、腎臓の周囲などの限られた場所にあり、脂肪を分解して熱エネルギーに変える
働きをする。褐色脂肪細胞の働きが悪いと、余分な脂肪がたまり、肥満になりやすい。このため、褐色脂肪細胞が近年、肥満の予防・
治療研究のターゲットとして注目されている。
「寒い」を脳が感じると、「脂肪を燃やせ」と脳が指示する。
研究チームは、マウスを使って褐色脂肪細胞が脂肪を燃焼する仕組みを調べた。チームによると、褐色脂肪細胞の中にある「UCP1」と
いうタンパク質が脂肪の燃焼を担う。気温が下がり、脳が寒さを認識すると、褐色脂肪細胞に脂肪を燃やして熱を出すように指示する。
褐色脂肪細胞の中では複数のタンパク質を介して脳の指示が伝わり、UCP1が作られる。
これまでは、「ATF2」「PGC1α」といったタンパク質が介在する情報伝達経路が知られていたが、チームは「IRE1α」というタンパク質
が、別のタンパク質「sXBP1」に働きかけてUCP1を作る新経路を発見した。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://themarox.blog119.fc2.com/tb.php/658-cef5a05f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。