スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発声可能な人口舌

舌がんなどで舌を摘出し、発声が困難になった人の口の中に取り付け、明瞭な発声を可能にする「人工舌」の開発に、岡山大歯学部の皆木省吾教授(58)らのチームが成功した。
チームの開発した「人工舌」は舌の機能を人工的に再現した可動式器具の開発で世界で初めて。
日本癌治療学会によると、国内の口腔(こうくう)がんの年間の発症者は1975年に約2100人だったが、2005年には約6900人と3倍以上に増えている。交通事故や労災事故で舌を失うケースもあり、人工舌の開発は患者らに朗報。
人が声を発する際には口の中の天井部分(口蓋)に舌が触れることが必要だが、舌を摘出すると接触できず、発声が困難になる。
チームは歯科治療に用いる樹脂を使い、患者の歯型や口の中の形に合うように舌を作製した。
奥歯にワイヤでつなぎ上下に動くようにしてあり、わずかに残った本来の舌が人工舌をはね上げ、口蓋に触れる仕組み。
口蓋にはPAPと呼ばれる詰め物をはめ込んで厚みを増し、人工舌が口蓋に触れやすくする。
皆木教授は「既に歯科の現場で使われている材料を用いており、歯科技工士なら簡単に作ることができる。技術を全国の医療機関に提供し、一人でも多くの人の役に立ちたい」としている。
舌がんで舌を摘出した岡山大歯学部の小崎健一教授(51)が開発に協力した岡山大チームの人工舌開発を後押ししたのは、口腔がんの専門家で、自分も舌がんで舌や顎の骨の摘出を余儀なくされた歯学部の
小崎健一教授(51)。「残された命を社会のために使いたい」。その思いが、話すことが困難になった人たちの希望につながった。
小崎教授は東京医科歯科大教授などを経て2014年4月、岡山大に着任。5月に痛みを感じて検査を受け、舌がんと診断された。
小崎教授はがんが転移し闘病中だが、「話せないことを我慢せず、声は取り戻せることを知ってほしい」と呼び掛けた。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://themarox.blog119.fc2.com/tb.php/664-ca95204b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。