スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

網膜の病気を薬で進行防ぐ

高齢化が進むにつれ目の病気に悩む人が増えている。なかでも網膜の病気は年をとってからの失明原因の上位を占める。
早めに病気を見つけて生活習慣に気をつけ、こまめに診断を受けて適切な治療を受ければ症状の悪化を遅らせられるケースも多い。
新たな治療法の研究開発も活発で、期待のもてる成果が出始めている。
「60代以上を中心に、1日に何十人もの患者さんを診ることもある」。日本大学病院(東京・千代田)の副病院長の・アイセンター長の湯沢美都子教授話である。
湯沢美都子教授は「加齢黄斑変性」の患者の急増を実感している。視力が1.0あり自覚症状はないが、眼科検診で「疑いあり」と言われてやってくる人もいる。
加齢黄斑変性は映像を映し出すスクリーンに相当する網膜の真ん中にある、直径6ミリメートルほどの黄斑という部分の障害によって起きる。真ん中がよく見えず、正面に知り合いがいても顔がわからず挨拶もできないなどのケースが出てくる。
物がゆがんで見えるのも特徴で、車の運転も難しくなり日常生活で不便を強いられる。
ひどくなると視力が大きく低下し、失明する。
日本では50歳以上の1~2%がこの病気にかかっているとの報告がある。
網膜の外側の脈絡膜から異常な血管が生じ、漏れ出した液体成分や出血のために網膜が浮き上がる「滲出(しんしゅつ)型」が多い。
早期では自覚症状がなくても、眼底検査で黄斑にドルーゼンと呼ばれる白っぽいシミのようなものが見える。
こんなとき、湯沢教授は「急に見え方が変わったらすぐに来るように」と言っている。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://themarox.blog119.fc2.com/tb.php/666-8836e9c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。