スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心血菅病

若い時にはしなやかな血管が、年齢を重ねるとともに硬くなる。同じ年齢の人でも、血管の硬さに個人差は出てくる。
硬くなった人は脳卒中などのリスクが大幅に増えるという調査結果がある。
心臓や血管などの循環器の病気を「心・血管病」と言う。おもに動脈硬化など血管の異常が原因の病気で、日本では急増している。
がんと同じように症状が無いまま病状が進行し、症状に気づくころには重症化していることが多く、いわゆる「サイレント・キラー」と呼ばれる。
日本人の死因第1位は悪性新生物(がん)で、第2位が心疾患、第4位が脳血管疾患。心疾患と脳血管疾患を合わせた心・血管病は、日本人の死因の約25%で、がんに匹敵する割合となっている。
高齢化により、動脈硬化による脳血管障害や心疾患などの血管疾患が増えている。
血液の通り道である血管は非常に弾力性のある組織で、収縮と弛緩を繰り返すことで血管にかかる圧力(血圧)と血液の流れを調節している。しかし、加齢に伴う様々なストレスが要因となって血管が厚く硬く変化していきますと、弾力性が失われ、慢性的に血圧が高い状態(高血圧)になってしまう。
よく聞かれる「心筋梗塞」や「狭心症」をまとめて「虚血性心疾患」という。
「虚血」とは「血がない状態」を意味する。つまり心臓に十分血がいきわたっていない状態が「虚血性心疾患」。
心臓に栄養を送っている血管が硬くなったり(動脈硬化)血管の内側が狭くなるなどの原因で、血液が十分に心臓の筋肉(心筋)にいきわたらなくなったとき、心臓は酸欠(虚血)状態となり、胸痛などの症状としてあらわれる。
高齢者や糖尿病の人は激しい痛みを感じないこともある。
血管の内側にたまったコレステロールのかたまり(血栓)が血管を完全にふさいでしまうと、その先の心臓の筋肉には酸素が届かず細胞が死んでしまう。それが心筋梗塞。心筋梗塞の急性期死亡率は50%とされている。
また、命をながらえた場合でもいったん死んでしまった部分の心筋は元には戻らない。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://themarox.blog119.fc2.com/tb.php/670-dedee8ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。