スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病性昏睡

糖尿病の合併症の中には、体調の変化などをきっかけに急激に起こる「急性合併症」があり、その代表的な例が「糖尿病性昏」。
糖尿病で血糖値が異常に高くなると意識障害を起こすことがある。これを「糖尿病性昏睡」と言う。
糖尿病性昏睡は、大きく分けると「糖尿病性ケトアシドーシス」と「高血糖高浸透圧性昏睡」の2種類がある。
インスリンが極度に不足すると、血液中のブドウ糖を細胞たちはエネルギーとして利用できなくる。そのため細胞は脂肪を分解して
代わりのエネルギーをつくり出す。すると、脂肪が燃えた後の副産物として「ケトン体」という酸性の物質が生まれる。
このケトン体が血液中に増えすぎると、本来は弱アルカリ性の血液が酸性に傾いてしまう。
「アシドーシス」とは血液が酸性に傾いた状態のことで、その原因がケトン体の増え過ぎである場合を「ケトアシドーシス」と言う。
高血糖による症状としては口渇、多飲、多尿、倦怠感、体重減少などがあり、それにケトアシドースの症状である、吐き気、嘔吐、
腹痛などの消化器の症状が現れる。症状や脱水がひどいときには意識障害や昏睡に至り、適切な処置が遅れると死に至ることもある。
糖尿病性ケトアシドーシスは、高血糖高浸透圧性昏睡に比べて若い人に多いのが特徴。主に、1型糖尿病の人がインスリン注射を中断したり、感染症やケガなどで血糖コントロールが急激に乱れたときに起こりやすい急性の合併症で、最近では清涼飲料水を大量に飲む2型糖尿病の人にも起こることがあり、これを「ペットボトル症候群」や「清涼飲料水アシドーシス」と言う。
高血糖状態が続くと、体が余分な糖を排出しようと尿の量を増やす。すると、血液が濃くなり血糖値がさらに上昇するとともに、血液中の塩分濃度も上昇してしまう。その結果、血液中(血管内)と血管の外側の塩分濃度差を小さくしようとする「浸透圧作用」が生じる。
これにより細胞の水分が血管内に取り込まれるので、細胞に水分がなくなり機能異常が起こる。
特に、脳細胞は浸透圧の異常による悪影響を受けやすいため、放っておくと昏睡状態に陥いる。
高浸透圧高血糖症候群は、2型糖尿病の人が感染症やケガなどを起こし、異常な高血糖状態に陥ったときに起こりやすい合併症。
また、高齢者に起こりやすいのが特徴。
糖尿病性昏睡は少し休めば収まるようなものではなく、時間が経てば経つほど危険な状態に陥る。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://themarox.blog119.fc2.com/tb.php/672-9bce31b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。