スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良性発作性頭位めまい

良性発作性頭位めまいの原因として、内耳三半規管において耳石が移動したり、半規管内にある感覚器官への付着が有力視されている。
良性発作性頭位めまい症とは、耳石がはがれおちることで起こる耳の病気です。
めまいのうちで最も多いのが「良性発作性頭位めまい症(BPPV)」。とくに中高年の女性によくみられる。
起き上がる、寝返り、上や下を向くなど頭の位置を変えた時に、瞬間的にぐるぐると目が回る。めまいは、数秒~数十秒で、ひどいと
きは吐き気や嘔吐を伴うこともある。
特定の頭の位置をとると、めまい発作を繰り返すのが特徴的。初回は激しいいめまいが起こりますが、次第に体が慣れてくるので、症状
が軽減していくことが多い。
難聴や耳鳴りを伴うことは一般的にはなく、発作をくり返しながらだんだんと治っていくケースが多いめまい。
”良性”の名のとおり、命にかかわるような病気ではない。
原因としては内耳には身体のバランスを司る三半規管と耳石器にある。三半規管には、体の回転をリンパ液の流れなどで感知して、脳へ伝える機能がある。耳石器には、小さな耳石が沢山乗っていて、体の傾きを脳に伝える機能がある。
良性発作性頭位めまい症は、この耳石が何らかの原因(加齢や外傷など)で耳石器から剥がれ、それが三半規管の中に入ったり、タンパク質などが粒子となり管の中に溜まって、リンパ液の流れが乱れるために起こると考えられる。
したがって、いつも同じ向きで寝ていたりすると、起こりやすいと考えられている。
また、中耳炎や頭部の打撲、むち打ち症の経験がある人や、結核でストレプトマイシンの治療を受けた人が、良性発作性頭位めまい症を起こしやすいという報告もある。毎日同じ向きで寝ていたり、手術後に寝たきりの状態が続いていたりするのも要因となる。
めまいの起こり方は寝返りを打つ、ベッドから起き上がる、物をとるためにかがむなど頭を動かした時、耳石器の耳石が半規管に剥がれ落ちて、前庭神経を刺激したりリンパの流れが乱れると、めまいが起こると考えられている。
回転性めまい(グルグル回るめまい)や浮動性めまい(フワフワするめまい)が起きる。程度には個人差があるが、数十秒で治まる。
吐き気を伴うことはあるが、耳鳴りや難聴は起こらない。
特定の頭位でめまい発作が繰り返し起こるのが特徴的。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://themarox.blog119.fc2.com/tb.php/676-07cbe4a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。