スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳動脈瘤

脳動脈瘤は決して珍しい病気ではない。小さいものまで含めると40歳以上の成人の100人に5人くらいあると考えらる。
では、脳ドックや、たまたまとったMRIなどで見つかった場合は、または脳動脈瘤が破裂した場合には、くも膜下出血となり、命に関わり、治療にもリスクを伴う。
いろいろなタイプの脳動脈瘤があると考えられています。
①あっという間に脳動脈瘤が形成され出血してくも膜下出血を引き起こすタイプ(これは予防のしようがない)②脳動脈瘤がだんだんと大きくなり出血するタイプ
③脳動脈瘤が形成されるが、大きくもならず出血もしないタイプの3つに分けられる。
脳動脈瘤の頻度(100人に5人)と、くも膜下出血の頻度(10万人に年間10人)の差から、大多数は③と考えられる。
おそらく、ある時期に脳動脈瘤が形成されるので、破裂にいたらず、治癒機点が働いてそのままのかたちで留まってしまう。
脳の動脈のある部分がコブ状に膨らんだ状態を脳動脈瘤と言う。「瘤」はコブのこと。
このコブは、通常、脳の底にある大きな血管の分岐部、つまり血管が枝分かれした部分が、血流に押される形で膨らんで形成される。
ときには、血管の枝分かれした部分とは関係がないところにもできる。
未破裂脳動脈瘤とは、脳動脈にできたコブが破裂しないままの状態であることを言う。
この脳動脈瘤が破裂すると、脳を包んでいる「くも膜」という膜の内側に出血を起こす。これがくも膜下出血。
いったん、くも膜下出血が起こると、約半数の方が生命にかかわる。また社会復帰できる方は、ざっと3人に1人。
助かった場合でも重い後遺症が残ることがある。医療が進歩した現在でも、大変恐ろしい病気。
これだけ医療が進歩しているのに、なぜくも膜下出血の治療成績は向上しないか? 治療成績の向上を阻んでいるのは、くも膜下出血を起こした患者の回復の程度を決める最も重要な因子が、発症した時のくも膜下出血の程度にかかっているから。
つまり、くも膜下出血の程度がひどく、発症時から意識状態が悪い患者は、その後の治療によっても良好な結果となる可能性が、より低くなる。逆に意識が正常で、「ふだんより少し頭が痛いかな」といった程度で、自分で医療機関を受診し、適切な治療を受けられた
場合には、90%程度は問題なくその後の生活を送ることができる。
このように、くも膜下出血の治療成績のかなりの部分が、患者が病院に来られる前に決まっているといえる。
治療にあたる脳神経外科医は、こうした治療の限界を感じており、これが、まず破れる前にコブを発見し、その破裂によるくも膜下出血を予防しようという世界的な取り組みの土台となっている。
脳動脈のコブができやすいところは、一般的には血管の枝分かれした部分にできる。ここから、血流に押される形で徐々に風船のように大きくなると考えられている。これを嚢状(のうじょう)動脈瘤と呼ぶ。「嚢」は袋の意味。
この袋が大きくなればなるほど、壁の中に薄い部分ができてきて破裂すると考えられている。風船の薄い部分が破裂するのと同じ。
動脈瘤は、コブができた血管の周囲、つまり動脈瘤の根元の部分を「ネック」(頚部(けいぶ)、つまり首)と呼び、その先の膨らんだ部分を「ドーム」という。このドームは滑らかなカーブを示すものもあれば、ドームの中の一部がさらに膨らんだ状態になったものが
あり、この部分を「ブレブ」(鶏冠(けいかん)ともいう)と呼ぶ。
また脳動脈瘤は、しばしば多発性で、2か所以上にできることもある。動脈瘤が破裂する部位は、一般的にはドームの場合が多く、ネックで破裂することは少ないとされている。

参照:国立循環器病研究センター

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://themarox.blog119.fc2.com/tb.php/679-4abe65a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。