スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敗血症

敗血症とは、感染に対する制御不能な生体反応に起因する、生命を脅かすような臓器障害のことで、感染が疑われSOFAが2点以上増加するものを指す。細菌感染症の全身に波及したもので非常に重篤な状態であり、無治療ではショック、DIC、多臓器不全などから早晩死
に至る。元々の体力低下を背景としていることが多く、治療成績も決して良好ではない。
これに対し、傷口などから細菌が血液中に侵入しただけの状態は菌血症と呼ばれ区別される。
また、敗血症とSIRSは似た概念だが、SIRSは感染によらない全身性の炎症をも含む概念。
悪寒、全身の炎症を反映して著しい発熱、倦怠感、鈍痛、認識力の低下を示す。
末梢血管の拡張の結果、末梢組織に十分な栄養と酸素が届かず、臓器障害や臓器灌流異常、血圧低下が出現する。
進行すれば錯乱などの意識障害を来たす。DICを合併すると血栓が生じるために多臓器が障害(多臓器不全)され、また血小板が消費されて出血傾向となる。起炎菌が大腸菌などのグラム陰性菌であると、菌の産生した内毒素によってエンドトキシンショックが引き起こ
される。また代謝性アシドーシスと呼吸性アルカローシスの混合性酸塩基平衡異常をきたす。
敗血症性ショック症状を起こすと患者の25%は死亡する敗血症とは、感染症により全身の臓器の炎症反応が起こっている状態を言う。
感染症とは、微生物[ 細菌やウイルス、カビなど]が体内に侵入することを言い、微生物が侵入すると、私たちの体は炎症反応を起こして、微生物を退治し感染症を治そうとする。
ときには、全身の炎症反応が強すぎて、自分自身の体の臓器(心臓、肺、腎臓など)が障害を受けることがある。
これが敗血症。
敗血症による臓器障害が多臓器に広がった重症敗血症では、集中治療室での専門的な治療が必要となる。
敗血症の原因となる微生物が体の中へ入ることを防ぐのが一番の予防。
また、体に入った微生物に負けないように抵抗力をつける(免疫力を高める)ことも重要。
敗血症とは、肺炎や腎盂腎炎など生体のある部分で感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす症候群。
背景として悪性腫瘍、血液疾患、糖尿病、肝・腎疾患、膠原病といった基礎疾患がある場合、あるいは未熟児、高齢者、手術後といった状態である場合が多いとされている。
抗がん薬投与や放射線治療を受けて白血球数が低下している人、副腎皮質ホルモン薬や免疫抑制薬を投与されて、感染に対する防御能が低下している人も、敗血症を起こしやすいので注意が必要。
血液中に病原体が入り込む原因の感染巣としては、腎盂腎炎といった尿路感染症、肺炎などの呼吸器感染症のほか、胆嚢炎・胆管炎、腹膜炎、褥瘡感染などがある。
また、血管内カテーテルを留置している場所の汚染から体内に病原微生物が侵入する、カテーテル関連敗血症も近年増加している。

参照:日本集中治療医学会

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://themarox.blog119.fc2.com/tb.php/680-d8f08717

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。