スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慢性心不全

慢性心不全とは心臓のポンプ機能が低下するために全身に十分な酸素が送れず、また全身の血流が滞るために起こる症候群。
さまざまな原因で起こる。時に急性心不全に移行することを繰り返して、徐々に進行していくことがある。
加齢に伴って増える病気で、また生活習慣病でもある。
症状の面からは、全身にうっ血(血液が滞る状態)を起こす右心不全と、肺にうっ血し全身へ送られる血液が減る左心不全に分けられますが、通常は両方が同時に起こって両心不全となる。しばしば、心房細動や心室性期外収縮などの不整脈を合併する。
急性心筋梗塞と高血圧がよくみられる慢性心不全の原因です。拡張型心筋症や弁膜症も原因になる。
拡張型心筋症はどの年齢でもみられるが、高齢者で増えている。
弁膜症は、虚血性心疾患や動脈硬化に伴って起こるものが増えている。
その他、頻脈性不整脈、徐脈性不整脈も慢性心不全の原因になる。慢性腎臓病、糖尿病や睡眠時無呼吸症候群も心不全を引き起こす危険因子。
全身に血液がうっ滞する右心不全の症状として、足を中心とするむくみが現れ、体重が増加する。むくみは夕方強くなり、靴がきつくなることで気づくことがある。
左心不全の症状としては、呼吸困難、咳、白っぽい泡のような痰。呼吸困難は階段昇降や坂道で起こり、動悸を感じることもある。
心不全で特徴的な呼吸困難は、就寝後しばらくして現れる息苦しさ(夜間発作性呼吸困難症)。この症状は起き上がることで軽減する。
夜間の多尿も、初期の症状として現れる。重症になると尿量は減少。
全身的な症状としてよく現れるのは倦怠感、疲れやすさだが、消化器症状として食欲不振、腹部膨満感も起こる。
慢性心不全の診断は、詳細に症状を聞き、診察をすることでできる。検査として必ず行われるのは、胸部X線、心電図、心エコー(超音波)。原因と重症度を知るうえで、心エコーはとくに重要な検査。
血液検査では、ホルモンのひとつBNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)は心不全の重症度を反映して上昇する。また、肝臓や腎臓の障害を合併することがあるため、血液検査は重要。
不整脈の様子を知るために、ホルター心電図を行う。原因として冠動脈硬化が疑われる場合は、冠動脈CT、心筋シンチグラフィや冠動脈造影検査(心臓カテーテル検査)が行われる。

参照:日本循環器学会

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://themarox.blog119.fc2.com/tb.php/681-b7721070

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。