スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動脈硬化を起こす高脂血症

藤田保健衛生大学循環器内科のHPに高脂血症の症状や引き起こす病気の関連説明が詳しく紹介されています。
高脂血症は、基本的には無症状で、これといった自覚症状はほとんどないために知らないうちに悪化するものです。
そのため、別名『沈黙の病』とも言われており、気づかないまま症状が進行することが多くなっています。
主に報告されている症状としては、皮膚にコレステロールが沈着してこぶのようなものができたり、角膜にコレステロールがたまることによって黒目の上下に三日月形の角膜輪が発生する症状が報告されています。
また、高脂血症が進行すると、動脈硬化が促進され、胸痛や一時的な手足のしびれ、長時間の歩行による足の痛みなどの症状が現れます。

高脂血症にかかると、気づかないうちに動脈にコレステロールが沈着し、動脈硬化を進行させてしまうことがあります。
動脈硬化は、血管が狭くなって血流が悪くなったり、血管が硬くなって傷つきやすくなる病気です。
動脈硬化が悪化すると、高血圧が進行したり、血管が詰まって脳梗塞や心筋梗塞、狭心症を起こす危険性があるほか、血管が破れて脳出血になったりと命に関わる病気の発症リスクが高まります。
高脂血症に多い合併症として、動脈硬化を引き起こすほか、さまざまな合併症を起こす可能性があります。

高脂血症の合併症として多く見られるのは、高血圧と糖尿病です。
高血圧は多くの日本人を悩ませている病気の1つ。
常に血管に余計な圧力がかかるため、動脈硬化が起こりやすく、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが非常に高くなります。
脂質異常症とも呼ばれる高脂血症とは、具体的にどんなメカニズムの病気かを見てみましょう。
血中のコレステロールやトリグリセリド(中性脂肪)が増加する状態を高脂血症といいます。
高脂血症は動脈硬化の原因となりますが、血中のコレステロールには次に述べるように善玉といわれるHDLというリポ蛋白に運ばれているものがあります。

このコレステロールは少ないほう(すなわち低HDLコレステロール血症)が動脈硬化を起こしやすいので、高脂血症という病名は不適切ではないかと以前からいわれていました。
そこで、日本動脈硬化学会では2007年から低HDLコレステロール血症を含めた血中脂質の異常を、脂質異常症と変更しました。

コレステロールもトリグリセリドも水に溶けないので、特殊な蛋白質(アポ蛋白と呼ばれている)に付着して血液中を運ばれています。このコレステロールやトリグリセリドとアポ蛋白の複合体をリポ蛋白といいます。
リポ蛋白にはいくつかの種類があり、比重によりVLDL(超低比重リポ蛋白)、LDL(低比重リポ蛋白)、HDL(高比重リポ蛋白)などに分類されています。
コレステロールには善玉と悪玉があるといわれますが、コレステロールに違いがあるのではなく、どのリポ蛋白によって運ばれているのかの違いによるものです。
LDLは血管壁に取り込まれて蓄積し動脈硬化を起こすので、LDLコレステロールを悪玉コレステロールと呼びます。

逆に、HDLは血管や組織に蓄積したコレステロールを引き抜いて運ぶリポ蛋白なので、HDLコレステロールを善玉コレステロールと呼んでいます。トリグリセリドは主にVLDLによって運ばれています。
血中のLDLコレステロールやトリグリセリドが増加すると動脈硬化が起こりやすくなります。

とくに家族性高脂血症では狭心症や心筋梗塞を起こす危険が非常に高いことが知られています。
また先に述べたように、HDLコレステロールは少ないほうが動脈硬化を起こしやすくなります。
高脂血症となる原因は下記と言われています。
一般には、高カロリー高脂肪の食事と運動不足などの生活習慣が一番多い原因です。
しかし、遺伝性の脂質異常症も知られています。
なかでも家族性高コレステロール血症は日本人では500人に1人の高い頻度でみられる遺伝性の疾患です。
そのほかにも家族性複合型高脂血症、家族性III型高脂血症などの遺伝性高脂血症があります。
遺伝性の低HDL血症もありますが、極めてまれですので一般には心配する必要はありません。
高脂血症の症状の現れ方と判定方法は下記です。

多くの場合、症状はないので、血液検査で初めてわかることがほとんどです。
家族性高コレステロール血症ではアキレス腱肥厚、腱黄色腫(手の甲、肘(ひじ)、膝(ひざ)の腱にできる硬い盛り上がり)、
眼瞼黄色腫(まぶたにできる黄色い斑点状の盛り上がり)、角膜輪(黒目の周囲にできる白い輪)がみられることがあります。
特にアキレス腱肥厚は最も多くみられる症状で、アキレス腱の厚みが1cm以上あって血中コレステロール値の高い場合は、家族
性高コレステロール血症である可能性が高いと考えられます。
家族性III型高脂血症でも典型的な場合は、腱黄色腫や手掌線状黄色腫(手筋が黄色く盛り上がる)ができます。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://themarox.blog119.fc2.com/tb.php/690-4f191cf1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。