スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長引く胃もたれ、機能性胃腸症では

機能性胃腸症は、おなかだけではなく日常生活さえも不快にさせるような「胃のもたれや痛み」を感じる人が増えています。
なぜこんなことがおこるのかについては機能性胃腸症の知識を知っておくとよいでしょう。
機能性胃腸症の知識がないと病院に行っても改善しないことがあります。
病院へ行くと潰瘍やがんなどの可能性があるためという理由で、病院では内視鏡検査で胃の状態を確認するわけですが、 何の異常も見つからないケースが増えてきています。
内視鏡検査にストレスを感じて悪化することもあります。
検査で異常の見つからない症状は、従来は「慢性胃炎」と呼ばれていましたが、この症状を、最近では「機能性胃腸症」と呼んでいます。
機能性胃腸症の原因は、現在のところ明確になっていませんが、精神的ストレスや、過労などの身体的ストレスが原因といわれており、そうした緊張状態が胃のさまざまな機能に影響を与え、意のもたれや痛みを起こしているのではないか、と考えられて
います。
「機能性胃腸症」は、内視鏡検査などで胃に潰瘍やがんなどが認められないのに、胃のもたれや痛みを感じる症状のことをいいます。
こうした症状は、昔は胃下垂、胃アトニー(アトニーとは筋肉の緊張が低下またはないことを意味し、胃無力症ともいわれます)と呼ばれ、最近まで胃けいれん、神経性胃炎、慢性胃炎などと診断されてきました。
しかし、胃の粘膜に何の異常もないのに、胃の粘膜に炎症があるという意味の「胃炎」を使うことは正確ではないということから、近年「機能性胃腸症」と呼ばれるようになってきたのです。
病気の呼称が変化してきた「機能性ディスペプシア」という病気の概念は、近年になって新しく確立したものです。
それまでは、機能性ディスペプシアの患者の多くは「慢性胃炎」や「神経性胃炎」と診断されていました。
本来「胃炎」とは、胃の粘膜に炎症が起きている状態を表す言葉です。
ところが、胃炎があっても症状があるとは限らず、逆に症状があっても胃炎が認められないことも多々あります。
そこで、症状があってもそれを説明できる異常がさまざまな検査でも認められない場合、胃に炎症があるなしにかかわらず「機能性ディスペプシア」と呼ばれるようになりました。
機能性疾患は内視鏡検査などで症状の原因となる異常がみつからないにもかかわらず、臓器や器官などのはたらきが悪くなる病気を示します。  
ディスペプシアとは消化不良を意味しますが、「機能性ディスペプシア」におけるディスペプシアとは、胃や十二指腸における痛みやもたれなどのさまざまな症状を示します。
胃のもたれは、食べすぎなどによって胃の機能が低下し、胃の中に長く食べ物がとどまることで起こりますが、食べる量を控える等で胃の機能が回復します。
また胃の痛みについても、潰瘍などの粘膜障害の場合は、その障害が治ると痛みもなくなります。
機能性胃腸症は、そうした「食べすぎ」や「潰瘍」ではなく、胃の運動機能などに障害が起こることで、胃のもたれや痛みを感じてしまう病気です。
機能性胃腸症はストレスの影響を最も受ける臓器が「胃腸」であることを証明しています。
ココロとカラダは繋がっているということです。
非常に多くの方が経験したことがあるこの神経性胃炎は、胃もたれなどが週に数回、みぞおちの症状や痛みが週に1回以上あれば、疑いがありと考えられています。日本人の4人に1人、8人に1人とも言われている病気です。
誰しも強いストレス、慢性的なストレスを受ければ、このような病態になりえます。
神経性胃炎、ストレス性胃腸炎での症状は下記です。
吐き気・ムカムカする・痛み・胸焼け・食欲不振・よく寝れない・食後のもたれ・すぐお腹がいっぱいになる・みぞおちの痛みや灼熱感・・など。
これらの症状自体がストレスとなってしまう病気です。
原因はよくわかっていないのですが、ストレスが関与していることが最も有力です。
ストレスによって胃の働きをコントロールしている自律神経のバランスが乱れることが原因と言われています。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://themarox.blog119.fc2.com/tb.php/695-14b4673f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。