スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目の養生法

パソコンの作業が増える時代、目の疲れや乾燥が大きな問題となっています。
長時間モニターを見ていると、どうしても目が疲れてきます。
目の疲れは仕事の集中度を妨げて、仕事の効率を悪くします。
そうかといって、パソコン業務は現代人には必須なので、パソコンやスマホから離れるわけにはいかない人も多い。
ですから、その場で目の疲れをとる方法が必要です。
昔から、年寄りの目の養生法として、なるべく「目をつむっていること」と、「目をあたためること」が良いといわれてきている。
また、目のマッサージも効果があると言われている。
そこで疲れ目を回復させるマッサージについてご説明します。
長時間モニターを見ていると、肩や目の周囲にある筋肉が緊張します。
これにより血流が阻害され、目に十分な血が供給されなくなるのです。
また、全身の血流が悪い・全体的に血の量が少ない人は目が疲れやすくなります。
目の血流が滞っていることは、酸素加圧装置などで目の空気加圧を施すとすっきりすることで目の周囲の血流の滞りを自覚することもできます。
また、簡単な方法として、目の周囲を温めることによって、筋肉をほぐし血行を回復させることができます。
さらに「目をつむっていること」を数秒でもすることで、目に光を入らない状態にして、一時的に休ませることが大切です。
目のマッサージ方法は3種類あります。
①メガネやコンタクトを外し、リラックスした状態でイスに座る。
左右の手を擦り合わせて熱を作る。ほほに手を当てて熱いと感じるくらいまでよく擦る。
②左手で左目を、右手で右目をすっぽり覆うように、顔に手をくっつける。
手の中心が眼球の上にくるような感じで目を押さえます。
このとき目を閉じて、外からの光が目に入ってこないようにする。
③この状態で手の熱が、目と目の周囲の筋肉に伝わっていくのを感じる。
肩の力をぬいて仕事のことは頭からはずしてリラックスした状態では、より効果が実感できます。
30秒から1分程度目を休ませたら、そのまま仕事を再開すると疲れが取れた感じになっています。
簡単なマッサージ動作ですが、目の疲れにはとても効果的です。
また道具を使用しないため、いつでもどこでも実行できます。
仕事上でパソコンを使うことが避けられないビジネスマンは、30分程度集中して仕事をし、5分休憩というリズムを励行することが勧められます。
また、基本的なことですが、睡眠を充分にとることが大切です。
全身に疲労がたまっているとちょっとしたことでも目が疲れます。
また、メンタルヘルスとも目の疲れは深く関係していますので、落ち着いた気分で生活することも大事です。
精神的な疲れは目の疲れを呼びます。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://themarox.blog119.fc2.com/tb.php/702-f6b5b5f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。