スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30代の糖尿病の男性患者は心疾患リスクが正常な男性の18倍

30代の糖尿病の男性では、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患を発症するリスクは血糖値が正常な男性の18倍との研究結果を、曽根博仁・新潟大教授らがまとめて研究結果を専門誌に発表した。
以前から、糖尿病の男性は、血糖値が正常な人の2~4倍虚血性心疾患になりやすいことが知られているが、若い男性での影響は不明だった。
曽根教授は「血糖値が異常な人は、若い頃から早めに生活習慣改善などの治療に取り組むことが重要だ」としている。
曽根教授らは、レセプト(診療報酬明細書)と健康診断のデータを基に、2008~12年に健診を受け、心疾患歴のない31~60歳の男性約11万人を分析した。
約4年間で436人が虚血性心疾患を発症した。
高血圧や喫煙など血糖値以外の影響を除き、糖尿病患者らがどの程度発症しやすいかを年代別に調べた。
40代と50代では、糖尿病患者の発症は血糖値が正常な人の2.5倍程度だったが、30代では18.2倍だった。
50代で血糖値が正常な人と同等のリスクで、糖尿病のリスクを20歳分高めることに相当すると判明した。
30代の糖尿病予備群では、正常な人の2.9倍発症しやすかった。
女性は虚血性心疾患の発症率が低いとして、今回は対象にしなかった。
この研究結果から健康維持として問題は、「肥満・高血圧となる生活習慣」→「糖尿病・高脂血症」→「動脈硬化」→「心血管疾患」となっている若い年齢層の健康意識の低さです。
若い年齢層では、回復力や健康持続の基礎体力が強いので、曽根博仁・新潟大教授の研究結果を知らしめる必要がある。
例えば、心筋梗塞に対して冠動脈バイパス術を行い、そのときは一命を取り留めることが出来て良かった!となるので
すが、高血圧や糖尿病、高脂血症そして動脈硬化といった全身性疾患自体が治っているわけではありません。
それゆえ、手術によって短期的に病態が改善したとしても、その後、新たな心血管疾患を発症するリスクは依然高いと言わざるを得ません。
健康の知識が浸透することが大事です。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://themarox.blog119.fc2.com/tb.php/703-03dab2ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。