スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病的近視

40歳以上の日本人の約4割は近視とされる。
ありふれた異常なので軽く考えがちだが、眼球がいびつにゆがむ「病的近視」は侮れない。
何十年もかけてゆっくり進行し、視神経をむしばんで、最悪の場合は失明することもある。
最近の研究から、病的近視の患者は子どもの頃から眼底に兆候が表れていることもわかってきた。
「病的近視」は眼球の後ろ側がいびつに変形し、視細胞が集まる網膜が剥がれる網膜剥離を起こす。
眼球は直径約2.4センチの球形だが、前後方向に伸び、網膜に像を結ばなくなった状態を近視という。
眼鏡の度数でマイナス6以下になると「強度近視」と呼ぶ。さらに視力が低下し、眼鏡の度数がマイナス8以下になると、眼球が伸びるだけでなく、眼球の一部が飛び出していびつにゆがむ「病的近視」になっている恐れがある。
病的近視になる原因ははっきりわかっていないが、遺伝的な要因も大きいと考えられている。
多くの場合、小児期から発症し、長い時間をかけて徐々に進行していく。
強度近視だけなら眼鏡などで矯正すればよいが、病的近視の問題は視力ではない。
ゆがみが次第に大きくなり、眼球の奥が変形すると網膜や視神経が傷つき、深刻な合併症が起きることがある。
網膜剥離のほか、視神経が傷つくと、視野の一部が見えなくなる緑内障になる。
視野の欠損は症状が重くなるまで気づきにくい。
早期に診断できれば眼圧を下げる目薬を差すことで、ある程度は進行を抑えることができる。
ゆがんだ眼球に亀裂が生じ、新しい血管が目の中に入ってくると、黄斑変性という病気になる。
新しくできた血管はもろく破れやすい。血液が漏れ出すと光が遮られ、視野の中に黒い影が生じる。
治療では血管をつくる物質の働きを妨げるラニビズマブ(商品名ルセンティス)という薬を眼球に注射する。
血管を眼球から取り除く効果がある。1回の注射で血管がほぼ消失し、矯正視力が大きく改善した例もある。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://themarox.blog119.fc2.com/tb.php/711-6cb2008a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。