スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成人の発達障害

発達障害は先天的な障害のことであり、成人になって新たに発症することはない。
最近よく言われるようになった大人の発達障害とは、大人になるまで発達障害に気付かず、大人になってから診断を受けたり、自覚したりするケースを言う。
青年期・成人期になって発達障害が見つかるケースは、最近とても増えている。
学生時代は発達障害を個性や苦手なこととして捉え、困難なことも自分なりの方法で乗り越えてきたけれど、社会に出て発達障害によるトラブルに戸惑ったり、悩んだりして、発達障害を自覚する人や、抑うつ症状などがきっかけで発達障害が発見される人などが増えている。
大人の発達障害も子供の発達障害と同様、社会性・コミュニケーション・創造性・体の感覚などに特徴がある。発達障害を発見するには下記の症状が見られる。

①.場の雰囲気を読むのが困難
その場の雰囲気がつかめなくて、その場では不適切な事を言ってしまったり、全く関係のないことを言ってしまったりする。
「空気が読めない」「宇宙人」などと言われることがある。

②.話が伝わりにくい
「話が長い」といわれることがよくある。
うまく要約できずに、長く話をするが、相手にはうまく伝わっていない。
自分でも何を話しているのかわからなくなることがある。
学童期・思春期は、学校の文章問題を理解するのが困難だった。

③.集中しすぎてしまう
興味のあることに関しては、過剰なほどに集中してしまう。
その集中は、他の人に声をかけられても耳に入らず、一晩中でも集中を続けられるほどである。
子供の頃から、興味のある分野に関しての知識は大人顔負けのものだった。

④あいまいな表現が理解できない
一つ一つ説明してもらわないと理解ができず、「ちゃんとやりなさい」「適当でいいよ」などのあいまいな表現の場合に、どのようにしたら良いのかわからない。
幼児期から「あそこ」「それ」などの抽象的な表現が理解できなかった。

⑤.初めての場所・行動にとても緊張する
場所が変わっただけで緊張してしまい、ふだんしていることも出来なくなってしまう。
なれるのにとても時間がかかる。
急に予定が変更したりすると、どうして良いのかわからなくなってしまう。

⑥.優先順位をつけるのが苦手
一度にいくつかのことができず、混乱してしまう。
何かをしているときに、他の事を頼まれたりしても、何を言われたのか覚えていないことがある。
思ったことをすぐに口にしてしまう。
「正直すぎる」と言われることがある。
相手が不快に思うことも口にしてしまう。
また、言葉の裏が読めずに、言葉をそのまま受け入れるので、冗談や遠まわしな言い方が理解できない。

⑦.感覚が敏感である
五感に敏感であり、肌触り(触覚)にこだわりがあって特定の衣服しか着なかったり、他の人が聞こえない音にも気付いてしまったりする(聴覚)。
気になる臭いがあったり(臭覚)、食べ物の好き嫌いが激しかったりする(味覚)。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://themarox.blog119.fc2.com/tb.php/712-17b6fee8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。