スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラリア原虫が免疫抑制

結核、エイズと並ぶ世界三大感染症のひとつであるマラリアは、毎年およそ3億人が罹患し、50万人ほどが死亡すると報告されているが、有効なワクチンの開発は困難で今まで成功しておりません。
ヒトに感染するマラリア原虫のうち、熱帯熱マラリア原虫が特に重症化を引き起こします。
また、マラリアは感染しても十分な免疫が獲得されないため、何度も感染することから、マラリア原虫には人類の免疫システムから逃れるメカニズムが存在すると考えられます。
今回、大阪大学微生物病研究所/免疫学フロンティア研究センターの齋藤史路特任研究員、平安恒幸特任助教、荒瀬尚教授らの研究グループは、ヒトに感染する熱帯熱マラリア原虫が免疫応答を抑えて重症化を引き起こす分子メカニズムを発見しました。
本研究成果はマラリアに対するワクチン開発や治療薬の開発に大きく貢献すると期待されます。
熱帯熱マラリア原虫のRIFINというタンパク質は、LILRB1という免疫抑制化受容体を介して免疫応答を抑えることが判明しました。
さらに、LILRB1を介した免疫抑制がマラリア重症化に関与していることが明らかになりました。
熱帯熱マラリア原虫に感染した赤血球上にRIFINというタンパク質が発現し宿主の免疫反応を抑制することでマラリア重症化が起こることを発見しました。
重症化の仕組みが分かったことで、有効なワクチンが存在しないマラリアに対してワクチンの開発や治療薬の開発が可能になることが期待されます。
サイトメガロウイルスやヘルペスウイルスなどの潜伏感染するウイルスは、免疫細胞に発現している抑制化受容体に結合する分子を感染細胞上に発現させることで宿主の免疫応答を抑えて、体内から排除されないようにしています。
しかし、マラリア原虫を含めてウイルス以外の病原体では、抑制化受容体を介して免疫応答を抑制するメカニズムの存在は明らかになっておりません。
一方、赤血球に感染するマラリア原虫も感染赤血球上にマラリア原虫由来の様々なタンパク質を発現させることから、マラリア原虫にも宿主の免疫担当細胞と相互作用して免疫応答を逃れるメカニズムが存在する可能性が考えられました。
そこで、感染赤血球上に発現するマラリア原虫由来のタンパク質がマラリア原虫に対する免疫応答にどのように関与しているかを解明することを目的として大阪大学微生物病研究所/免疫学フロンティア研究センターの齋藤史路特任研究員、平安恒幸特任助教、荒瀬尚教授らの研究グループは研究を実施してきました。
チームは、患者が繰り返しマラリアに感染する点に注目。原虫が人の免疫システムを十分に働かないようにして、攻撃を免れていると考えた。
大阪大学微生物病研究所免疫学フロンティア研究センターの齋藤史路特任研究員と平安恒幸特任助教、荒瀬尚教授らは、世界三大感染症の一つであるマラリアの重症化メカニズムを解明した。
病原体のマラリア原虫に感染した赤血球が、免疫反応を抑制してしまうことが分かった。
この仕組みを阻害することで、マラリアのワクチンや治療薬の開発前進につながる。
同じ患者が何度もマラリアにかかってしまう事例に着目、マラリア原虫が免疫反応から逃れる仕組みの存在を想定した。
そこで感染赤血球上に発現するマラリア原虫由来たんぱく質の免疫応答への関与を調べた。
解析の結果、免疫細胞の活性化を抑制する受容体「LILRB1」にマラリア原虫のたんぱく質「リフィン」が結合。
抗体を産生するB細胞や感染赤血球を攻撃するナチュラルキラー細胞の活動を抑えることを明らかにした。
マラリアの原因となる原虫が感染した人の免疫の働きを抑制し、重い症状を引き起こすことが分かったと、大阪大の荒瀬尚教授(免疫学)のチームが英科学誌ネイチャー電子版に発表した。
本研究によって、マラリア原虫には抑制性の免疫受容体(抑制化受容体)を利用して免疫応答を抑えるという新たなメカニズムが存在し、その免疫抑制機構がマラリア重症化に関与していることが世界で初めて明らかになりました。
本研究成果は、今後、予防効果の高いマラリアワクチンや治療薬の開発に大きく貢献することが期待されます。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://themarox.blog119.fc2.com/tb.php/722-2492ad05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。